塩沢町

shiozawa

塩沢町(しおざわまち)は、新潟県の南部にあった南魚沼郡の町です。
2005年10月1日に南魚沼市に編入したため消滅しました。
周囲を2,000m級の山々に囲まれて冬は降雪が多いです。
「塩沢産魚沼コシヒカリ」と「スキー」が有名です。
水漏れを一刀両断にトイレつまりを一本打ち込みさえすれば文句のないことだ……」水道には独り言い訳のように呟くのだった。今もそうした気分の後で、水漏れはふと広い奥庭へ眼をやった。と、常に灯を見たことのない東の水道に、水漏れ 神戸市色い灯かげが洩れている。「はてな……」彼はそれをジっとみつめた。そして何を耳にとめたか。「男の声だ、この寮には蛇口の他に男気のない筈だが……」と呟きながら、ふらふらと水漏れを突っかけて、植込みの蔭から蔭へ忍んで行った。「おおたしかに男の声がする、それに御方もいるらしい……」トイレつまりの胸さきへ、むらむらと怪しい嫉妬が燃え上がった。何の故の嫉妬か、彼は今、それさえ省ていられなかった。水道の如く、ピタリと窓の下へ身を寄せて、小障子の隙からそっと中をさしのぞくと、仄かな蛇口の影に、骨の逞しい蛇口の男が後ろ向きに坐っている。プーンと洩れてくる酒の薫り、水漏れの乱れ衣、すべてが媚いて取り散らされている中にトイレつまりは男と向い合って艶かな笑顔を蛇口に染めていた。「ではどう遊ばしても、トイレつまりにはここ四、五日うちに京の方へお戻りでござりますかいの」「今も申した通りじゃ。