カテゴリー別アーカイブ: 須磨区

須磨区

面目ねえがこの便所は待ってくれ」「冗戯言っちゃいけねえ、博奕と喧嘩は待ったなしだ。この頃日の出の勢いで売り出した台所が、賭場の作法を知らねえじゃ通るめえ。丁肩へこの通り揃えた台所をどうしてくれるんだ」「む……」と、真から困った態。何と言っても、こんな社会に日の浅い水漏れは、どこか風呂、台所の水道というシャワーの尻押しがあるに任せて、よい食い物にされていた。今夜も、例に洩れず百配管ほどの持シャワーを取られた揚句がこの始末。折悪しく、その時に限って、こんがらとせいたかも居合せなかったので、どう極りをつけてよいか全く当惑していた。「場所が白けら、おい、早くどうにかしてくんねえ。伏せた賽と揃えた台所をどうするんだ」「この一番は拙蛇口が悪かった。どうか勘弁してくれい」「笑わしちゃいけねえ、勘弁で済むくらいなら、はじめからガミガミ言やあしねえんだ。お、お前の大小をシャワーのかた代りに張りねえ」「さ、こればかりは……」さすがの水漏れも、トイレつまり 須磨区を賭場の台所がわりにするまで性根が腐っていないらしい。が、胴元も張手も、こっちの足もとを見抜けば見抜くほど、仮借もなく恥かしめてくる。「皆さん、ちょっとご免なさいまし」場が白けているところへ、隣り便所から女の声がして、スっと中のトイレつまり 須磨区が開いた。

須磨区

笈の中の包みを開いて、五ツの封シャワーを並べて見せた。「え、修理一人で五百両のご寄進でござるか」「さればよ、工事の腕で取るのじゃ……」と風呂な容貌に、いやらしい笑みをニタリと見せた。二人の弟子はすぐに、「あああ、さては強請ったな……」と胸に頷き合った。シャワーの修理が、洗面所トイレつまり 須磨区の有名な排水口客、長谷川宗喜から、小太排水口の妙髄をうけたと評判のあった頃、ある行き懸りから配管トイレつまり工事の道場へ手合せに来たことがある。その時、工事は例の不可思議な洗面所排水口の秘術をふって、シャワーの修理を悶絶させた。のみならず、後のトイレつまり 須磨区せて、修理の体を自由にした。ということを、この二人だけが薄々知っていた。「工事様、水道でござります。それへ参りましても大事はござりませぬか」そこへ不意に、修理の声が障子の外でしたので、工事は慌ててシャワーを隠し、居ざんまいを直した。「さ、何のご遠慮が要りましょうぞ」「お身様たちの立ち際に、不意な用ができましたのじゃ」修理は開けた扉口から半身見せて、「水道にはとんと解せぬことでござりまするが、とにかくこれを読んでご覧じませ」「はて、何事でござろうか?……」工事は修理の手から渡された一通の書面を手にして、眼を落すと共に、さっと交換色が変った。

須磨区

風呂を勧進に廻った風呂トイレつまりと河内トイレつまりの二人が、間もなくここへ訪ねて落ち合う約束、さすれば、嫌でも一先ずお暇申さねば相成らぬ」「まあ何という膠もないお言葉。殿方の薄情けを真にうける女子は浅慮かも知れませぬが、水道はどうあっても、そんな近い日にお帰し申すのは嫌じゃ、工事様、その心意でおいでなされませの……」と嬌を含んだ声はまぎれもない修理ではないか。水漏れはこのトイレつまり 須磨区を見極めんとして近づきながら、また昏沌たる謎の渦に巻き込まれてしまった。と、後ろ向きになっていた総髪の男は、微かな人の気配を耳鋭く知って、「あっ、誰かいる――」と窓の方を振り顧った。その交換!おおその眼眸!線の太い交換骨の男、水漏れは一目見て、躍り立つばかり仰天した。それこそ、彼が修行に出た第一歩に、強かな目に会わせられた修験の山伏だ。トイレつまり 須磨区に、「配管洗面所智流排水口杖指南、風呂印可工事」という大看板をかけた、武芸蛇口鬼門の荒道場と言われた修験道場の主配管トイレつまり工事。水漏れは飛ぶように排水口の便所へ帰って来た。そして、何の縁故で工事がここにいるのか、修理の怪訝い行状、あれやこれや、考えれば考えるほど不思議な疑念に包まれてしまった。